缶ディスペンサーを買おうとしてる人に読んでほしい話

アイテム

ビールの缶って、新しく入れるのを1番奥に入れるのって面倒ですよね。でも手前のが1番冷えてるようにしたい。それでアドフィールドの8缶収納コロコロ缶ラックを購入しました。
ところがちょっと問題が・・・。

「アドフィールド 8缶収納コロコロ缶ラック」

なぜこれを買ったか

  • 缶ディスペンサー
  • 缶ストッカー
  • 缶ラック

呼び方は色々あります。この手の製品は他にもあるのになぜこれを買ったかというと、理由は2つ。

  • 類似製品の中でも割と安いから。
  • うちの冷蔵庫の1番下段に入るから。

うちの冷蔵庫はシャープのSJ-WX50E。502 Lで、1番下の棚の高さが約18 cm(真ん中から奥は170 mmくらい)で、適合する製品がこれしかなかったんです。

「アドフィールド 8缶収納コロコロ缶ラック」の寸法

この製品は高さが130 mmだったからです。(購入したamazonには「商品サイズ (幅×奥行×高さ) :150×130×285」とあった)

実際、手元に届いた商品を測っても高さはピッタリ130 mmでした。全て測定してみると、寸法は(幅×奥行×高さ) :146×130×285 mmでした。(動作に関わる部分の寸法は(幅×奥行×高さ) :140×130×285 mm

缶を入れた時の高さ

缶を満杯まで入れた時の最高高さは厳密に167 mmです。この製品は奥にいくほど傾斜で低くなっているので、一応13 mmのクリアランスを持って我が家の冷蔵庫に入ります。

でもこれは私が購入した個体の寸法です。個体によっては1 mmくらいの誤差はあるかもしれません。

スケールで製品の最高高を実測した様子

この画像だと165 mmくらいしかないように見えますが、これはカメラの角度のせいです。実際には167 mmありました。(この測り方だとちゃんと測れてないと思われるかもしれませんが、そこは建築士として「ちゃんと測った!」と断言します。)

かなりの頻度で正常に動作しない

私もこの手の製品にそこまで完璧は求めません。1000回や2000回に1回くらいバグがあったって目を瞑りましょう。でもコイツ、5回に1回の頻度で失敗するんですよ。まじで酷い時は3回に1回です。

正常に動作した状態

ところが、落下時に缶がフレームに引っかかりやすい。↓

失敗A: 落下時に缶がフレームに引っ掛かった状態

そもそも、正常動作でもUターン部分は缶をちゃんとホールドしていないんですよね。↓

Uターン部分のホールド形状は缶とあまり合っていない

しかも、Uターン部分で上下の缶が接触し、ジャムるときがあります。↓

Uターン上部が正常に動作した状態
失敗B: Uターンの上部の缶が下の缶の手前で止まってジャムる

これじゃあcan-rack(缶の棚)じゃなくてcan-lack(缶の不足)だよ・・・
一旦は捨てようとも考えたのですが、チカラ技で変形させて使うことにしました。

変形方法

で、フレームを変形させて調整を繰り返した結果、正常に動作するようになりました。私の場合、変形させたのは次の3箇所。

1箇所目: Uターン部分のホールド部分

くの字になっているのを真っ直ぐにする。これで失敗Aが緩和される。

2箇所目: Uターン部分のホールド部分

根元の角度を少し広げた(倒した)。これで失敗A失敗Bが両方緩和される。

特にUターン部分で落下時に缶がレールに引っ掛かる場合、これを全体的に倒せば大幅に改善する。

3箇所目: 上段のレール部分

レールを少し上に浮かせる。(下段ルートの高さを確保する)
これで上限の缶が干渉しにくくなり、失敗Bが緩和される。

1箇所目だけはペンチやモンキーレンチなどが必要です。私はモンキーレンチで曲げました。ただし変形させるので、塗装にあちこちクラック(亀裂)が入ります。特にくの字の広げた内側部分がパックリ割れやすいです。錆びるかどうかはまだ実証していません。タッチアップ(補修塗装)出来たらいいんですけどね。

個体によるかもしれませんけど、色々自分なりに調整したら一応100回やって100回成功するまでには修正できました。

2箇所目の調整が結構シビアで、角度によってジャムりやすくなったり、缶を素早く取り出したら次の缶が飛び出してくるようになったり、難しいです。でも一応修正が可能だということは証明できたと思います。これを買って不満を抱えている人は試してみてください

缶の各サイズ

ちなみに、各缶のサイズはこんな具合。

容量別の缶のサイズ
容量 直径 高さ
180 ml 53.0 mm 104.50 mm
250 ml ロング 53.0 mm 133.00 mm
250 ml 66.0 mm 92.75 mm
350 ml 66.0 mm 122.20 mm
500 ml 66.0 mm 166.65 mm

他の製品ならどうか(ポッシュリビング カンディスペンサー 60780)

じゃあ改造が不要な他の製品はどうか。例えばYoutubeでこういう動画があります。改造しなくてもちゃんと動作していますし、ほぼ真横から補充できます。

これです。↓↓↓
寸法は[ 幅:140, 奥行き: 310, 高さ: 180 mm ]です。恐らく缶搭載時でも2番目に高さが抑えられた製品ではないでしょうか?

でもこれ、高さが奥までずーっと180 mmなので、我が家の冷蔵庫にはギリギリ入らないのです・・・まぁ無理やり押し込んだら入るっちゃ入るんですけど・・・。あと、他にも安定した動作を見せる製品もありますけど高さ210 mmとかで完全にアウト。

ということで、多くの家庭ではこの2つの缶ディスペンサーがコンパクトでオススメです。自力で改造してでもコンパクトさを追求するならアドフィールド製、ちょっとくらい大きくても安定性、確実性を求めるならポッシュリビング製ではないかと感じました。